ドゥマゲッティ アポ島 ダーウィン周辺

2018年の年始に、セブの南西に位置するネグロス島・オリエンタル州の州都のドゥマゲッティのダイブショップ、ラッキーダイブショップをベースにアポ島などで銀ガメトルネードを狙ってダインビングしてきました。天気に恵まれ、銀ガメにもご対面でき最高でした! 初使用のワイドコンバージョンレンズと海外初ドローン空撮も織り交ぜ、ホテル、アクセスなども含めご紹介します。

スポンサーリンク

目次

データ

日時:2018/1/3-6
ダイビングエリア: フィリピン ドゥマゲッティ
ポイント:
アポ島: マムサ、チャーチ、カティパナン、ロック、ラルガハン
ダーウィン周辺: ポプラション、ギナアマン、マサプロット、バラクーダポイント

気温29℃ 水温27-6℃ ウェットは5mmワンピのみ
ダイビングサービス: ラッキーダイビングショップ
宿泊:  シエラリゾート(旧名:Private Residence VIP RESORT) 部屋はExecutive room (旧Delux)ホテルズコンバイン経由アゴダで予約

アポ島

まずは、ドゥマゲッティの大物ポイント、アポ島からご紹介。
アポ島のマムサポイントでは銀ガメアジの群れが通年狙えるそうです。ラッキーな事に2日に分け2回入って、2回ともアタリました。

ギャラリー

まずは、本命、銀ガメの群れを中心に映像をギャラリーしました。
タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

*ワンポイント*
手袋禁止なので、持って行っても無駄。指し棒はOK。
カレントフックも使用せず。 もっていきませんでしたが。。

マップ

アポ島航路 GPSログなので誤差あります。

ダーウィン周辺

ホテル近くも楽しめます。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

マップ

航路 GPSログなので誤差あります。

ドローン空撮

アポ島での休憩時間やホテルでドローンあげてきました。

動画

ダイビング&ドローン ダイジェスト 約3分

レストラン

ショップはガイドの功太さんが毎夜連れて行ってくれるので、お任せでした。
美味しく、安く、楽しめます。たらふく飲んで600ペソ前後でした。

ホテル

ダイビングサービスが中に入っていてホテルの目の前からダイビングポートが出港するホテルシエラリゾート(旧名:Private Residence VIP RESORT) 部屋はExecutive room (旧Delux)にしました。満足です。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

一応フィリピンでは十分でしたが、口コミ情報
・シャワーの湯温、水量は十分
・清掃はセブとしては、十分行き届いている感じ
・バスタオルのみでハンドタオルなし
・冷蔵庫あり(Executiveのみ)。到着時、部屋に冷蔵庫が無く(製氷皿2個付き)、Webには冷蔵庫は書いてあったはずとフロントに言ったら、持ってきてくれた。(製氷皿2個付き)ちょっとビックリ。
冷蔵庫にはドリンクが入っているが、値段表は部屋になく、聞けばレストランで飲むのと同じ価格とのこと。代表例ではビール55ペソで標準価格。
・湯沸かしポットあり。(Executiveのみ)こちらも、到着時無く、持ってきてもらった。
・ドライヤーなし
・セキュリティボックスは無し、フロントで預かってくれる。
・朝食は、パックにしない場合、250ペソ近辺で済むでしょう。

**ここのスタッフはフレンドリーなので、困ったり、不満があったら、取り敢えずお願いしてみるのが、吉のようです。  さすがに、対応速度はフィリピンタイムですが。

アクセス

今回、セブ、マクタン空港から陸路&フェリーで入りました。
行きは、他のツアー客の方が同じタイミングでドゥマ入りするとの事で、ショップ手配のレンタカー(運転手付き)に同乗させてもらいました(無論有料)。よって、参考になる情報は少ないです。ただ、ショップ手配でも、公共バスの自力でも、セブ島(リロアン港)からネグロス島(シブラン港)の間はチケット買って乗船です。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

ショプオーナーの功太さんに聞いた話ですが、シブランから、ダーウィンのホテルまでの格安自力移動はハードル高そうです。
格安ルートは、シブランからドゥマゲッティ中心部までジプニーで移動し、ダーウィン行きのジプニー乗り場まで、トライシクルで移動し、そこからダーウィンまで再びジプニーで移動となります。
シブランからダーウィンのホテルまで直行するには、トライシクルのチャーターが考えられますが、ドゥマゲッティのトライシクルは大型なので、チャーターすると割高となり、予測ですが、500ペソは軽く超える感じだそうです。
空港からトライシクルでダーウィンに行ったというWeb情報は見たことがあるので、次回は空路かな。。

帰りは、オスロブ近くのホテルに宿を取り、ジンベイ見てから帰る計画を立てました。ショップの功太さんの計らいで、セブ行きのレンタカーにオスロブまで同乗させてもらい(無論有料)ここまでは楽ちんでした。 翌日、オスロブからセブシティまでバス(セレスライナー)で移動しました。 オスロブからセブは日曜だったので、バスが混み、BATOまで戻り、結局モアル経由でセブシティに戻りました。オスロブの記事はそのうち公開します。
フェリー料金は62ペソ、ポーターを頼んだら運んでもらったら場合は20ペソ払いました。(リロアン港、シブラン港、それぞれで)

韓国 仁川(インチョン)トランジット

また、今回のAirは格安チケットの韓国のアシアナ航空の仁川(インチョン)経由を利用しました。仁川のトランジット体験はこちら

韓国(仁川(インチョン))経由でセブ
年末年始に少しでも航空券を安くできないかと、あれこれ探して、韓国(仁川(インチョン))経由のセブ行きを試した情報を紹介します。 仁川でのト...

シェアする

フォローする

スポンサーリンク