マラパスクア ニタリ狙い

2017GWに、セブの北の端マヤ港からボードで30分のマラパスクア島にニタリザメを狙ってダイビングしてきました。口コミでも評価が良いビーチもレストランも良くて最高でした!

スポンサーリンク

目次

データ

日時:2017/4/30-5/6
ダイビングエリア: フィリピン セブ マラパスクア
ポイント:
モナドショール、ドナマリンレック、ガトーアイランド、キムドショール、ライトハウス、エボリューションリーフ
気温30℃ 水温27℃ ウェットは3mmワンピのみ
ダイビングサービス: Blue Heaven
宿泊:  スラムスガーデンリゾート ホテルズコンバイン経由アゴダで予約

モナドショール ニタリポイント

まずは、マラパスクアの代名詞、ニタリポイントである、モナドショールからご紹介。
ニタリはモナドショールに日の出前後にクリーニングにくるのでこれ狙って、水深30~32m位の深くて少し透明度の悪いポイントで待ちます。

ギャラリー

まずは、本命ニタリの映像をギャラリーしました。
タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

動画


*注意*
ニタリの保護の為、ストロボ、ライト共に禁止で、ボンベをたたく等、鳴り物も禁止です。朝で光量が少ないうえに、30m強と深く、必ずしも透明度は良くないので、コントラストが得られず、AFが合焦しくく、ニタリがどの程度近くを廻ってくれるかで変わりますが、シャッターチャンスは少ないと考えた方がよさそうです。ISOはそのカメラの実用限界に設定し、場合によって、フォーカスもAFより固定の方が良いかもしれません。(与那国で知り合った方にFaceBookで教えて頂きました。)自分は運よくAFで撮影できました。
水深32m弱なので、ナイトロックの効果が期待できます。 自分が参加した時は、ナイトロック組が先に潜りましたが、必ずしも、先が有利という訳ではありません。 浮上直前に出てくることも。。。
5本潜って、その内1本だけはかなり遠くに一瞬見えただけでほぼ写真にならず。 残り4本は見れましたが、ある程度近くに来てくれたのは、2本だけで、WebにUpした写真は4日目の物が8割です。残り2日目かな。。

マップ

モナドショール航路 GPSログなので誤差あります。

カランガマン・アイランド

マラパスクアからの遠征ポイント。。 とっても綺麗な島。
さらに銀ガメアジの群れが期待できるのだからたまらない。
マラパスクアへ来たらここへの遠征は外せない感じ。
但し、銀ガメの群れはあまり密集しないようなので、期待のし過ぎは禁物。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

マップ

カランガマン遠征航路 GPSログなので誤差あります。出発後ロギング開始したので、少し出発地点がずれてます。

ドナマリンレック & ガトーアイランド

ドナマリンレックはマラパスクアからかなり遠い遠征ポイント。下の地図で実感できるはず。全長100mの沈潜「ドナマリン」を見て、中間の位置のガトーアイランドの地形を楽しみます。全長100mもあるので、沈船を一望するのは無理。船内に入れます。
ガトー2本の遠征が企画される事もあります。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

マップ

遠征航路 GPSログなので誤差あります。

近場 ライトハウス & エボリューションリーフ

マラパスクアの近場ポイント。。
ライトハウスはサンセットダイブで、ニシキテグリの交尾が見れるポイントとしても有名ですが、この交尾の写真を撮るのはニタリ以上に難しかも??
2回サンセットにトライしましたが、まともに撮影できたのは交尾でもなんでもないニシキテグリの一枚だけ。。。
昼も一本ライトハウスで潜りました。沈船があります。
エボリューションリーフはトウアカクマノミ狙いで行ってきました。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

マップ

遠征航路 GPSログなので誤差あります。

島北部のバイクツアー

島を離れる前日、ダイビングを早めに切り上げ、島の北部に行ってきました。
歩くとかなり日焼けしそうで、夕方少し陽が傾いてから、バイクの後ろに乗せてもらうバイクツアーに行ってきました。 バイクのお兄ちゃんたちは、スラムスガーデンとパブリックボートの港の中間ぐらいの食料品店の南側にたむろしているので、値段を交渉して乗っかります。
料金は結局150ペソ支払いました。(100ペソでも行けるかも)

動画

そのほぼ全行程をアクションカムで撮影し、合計23分を2-8倍速で3-4分にしてみました。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

マップ

GPSログは2つあり、
1つは地図のログは北部の最初の目的地Langob Beachから宿泊先のSlams Gardenまで。
2つ目の黒い線はSonyアクションカムでずっと撮影していたので、その全行程ログです。

尚、最初バウンティビーチに行ってくれと行ったら、ビーチ沿いの砂道はバイク禁止だそうです。そういえばバイク見かけませんでした。

バウンティビーチのストリートビュー

ビーチが綺麗で、第二のボラカイ島と呼ばれるマラパスクアですが、リゾートエリアのストリートビューがGoogleにもないので、簡易ストリートビューを作ってみました。
18分で歩いたものを、2-8倍速で5分程度圧縮して再生しています。


その時のGPSログはこちら

レストラン

6日間でしたが、お気に入りは、値段を気にしなければ、OCEAN Vidaですかね。
どこも、ハズレ!と思う事はありませんでした。
場所は、こちらが最強なので、参考に。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。

ホテル

ダイビングサービスから近くてエアコン有りの部屋が残っていた、スラムスガーデンリゾートにしました。
ブルーコーラルのエアコンルームに空きがあればそちらにしたのですが、結果的には満足です。

ギャラリー

タップ/クリックで拡大、フリック/ボタンで前後の写真に移動できますので、ご覧下さい。


一応セブでは十分でしたが、口コミ情報
・シャワーの湯温、水量は十分
・清掃はセブとしては、十分行き届いている感じ
・バスタオルのみでハンドタオルなし
・湯沸かしポット無し、フロントで聞いても無いとの事。
 (日本茶等持って行っても飲めません。)
・冷蔵庫はあり、製氷皿は無かったがフロントで借りれた
・ドライヤーなし
・セキュリティボックスは壊れているとの事で、鍵のかかるクローゼットと使えとの事だった
・朝食のコーヒーはインスタント

アクセス

マクタン空港~マラパスクアは、ショップの送迎は頼まずに、自力で往復してみました。
行きはバス等活用で安く上がり580ペソでした。帰りは少し贅沢し、その上ボラれて、、、詳しくは↓こちら

マラパスクアへの行き方 体験記
2017GW セブ、マクタン空港からマラパスクアの往復を、行きはエアコン付きバス+パブリックボートで格安で、帰りは、少し(かなり?)ボラれな...
また、今回はAir代を連休フル活用でも安くあげようと、日本から台湾を経由して行きました。全9日間で前後夜、機内or空港泊程だったのですが、その内容が↓こちら
台湾(桃園)経由でセブ
ゴールデンウィークに少しでも航空券を安くできないかと、あれこれ探して、結局そんなに安くはなりませんでしたが、台湾経由のセブ行きを、空港に深夜...

関連おすすめ記事

桃園空港での深夜の過ごし方
台湾(桃園)空港に深夜に到着・出発する際、宿を手配せず、空港での過ごし方を、仮眠、シャワー、手荷物の預かり所等の情報を含め紹介します。 桃...

シェアする

フォローする

スポンサーリンク