利島 ドルフィンスイム

10月週末の3連休で、伊豆諸島の利島でドルフィンスイムとダイビングを楽しんできました。個人手配で行ってきたのですが、ノウハウ等も含め紹介します。

スポンサーリンク

データ

日時:2015/10/9夜発 -12
ダイビング&ドルフィンスイムエリア: 利島
ダイビングポイント: 亀石 他
計2本
ウェットは5mmワンピのみ

ドルフィンスイム&ダイビングサービス:利島ダイビングサービス
宿: 利島館 楽天で予約

アクセス

金曜の仕事が終わってから、22:00東京発の大型客船に乗船
この船が期待以上で、竹芝桟橋から、レイボーブリッジ、お台場を超え、横浜のベイブリッジの下もくぐるので、夜景が見ごたえがありました。以前、はとバスツアーの屋台舟でレインボーブリッジは見たことあるのですが、これで2等だと4000円台(季節料金あり、夏は6000円台)はコスパが最高です。

20151009_220437_E-M5
↑自宅を出るときから飲み始め、さらに船上でも夜景を見つつ一杯

20151009_220457_E-M5
↑レインボーブリッジ

20151009_221253_E-M5
夜景に一杯といっても、贅沢な感じではなく、ワイルドな感じで、それがかえってお気に入りです。
20151009_222105_E-M5
デッキではレジャーシートで飲み会を始める人が多数で。
席が確保できなかった人は、席なし乗船も可能で、デッキなどでシュラフで寝ているツワモノもいました。
(次回があればそうしようかな)

20151009_221556_E-M5
↑初回だったので、寝室はB特で2段別途に予約しました。これでも6千円台です。コンセントもあり。

20151009_234529_E-M5
↑翌日7:20に利島に到着し、早速ドルフィンスイムへ

利島から東京に帰る際、午後に東京行きが着岸しない事が予測できたので、朝の下りの神津島行きに乗船し全島巡って、帰って来ました。伊豆諸島の着岸率やその対処法は別ページにまとめました。下の写真をクリック。

東海汽船の着岸率、八丈流しとは? 着岸できなかった時は?
伊豆諸島と東京を結ぶ大型客船では、着岸率または就航率という言葉が使われます(この航路だけではありませんが)。これに派生して八丈流しなんて、江...

ドルフィンスイム

近くの無人島に移動していたので、最初探すのに時間がかかりましたが、無事午前午後も楽しめました。
20151010_102050_E-M5
かなり近くを横切ってくれる時もあり満足しました。
20151010_145606_E-M5
20151010_152746_E-M5
ですが、午後から雨、島内散策はまた今度ですかね。
これが前夜から1日目です。
2日目も雨ですが、続きは次回。

この後、イルカが出なくなる時期もあったそうですが、その後徐々に回復しているそうです。FaceBookページで要確認

ダイビング

亀が多かったかな。

利島ダイビングサービスさんの施設とかは写真撮り忘れましたが、
・ダイビング系では、脱水があり、有り難かった。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク